ドライアイ・花粉症・アレルギー性結膜炎・白内障・飛蚊症・糖尿病・視力低下・目の疲れ・原因不明の肩こり・頭痛などでお困りの方

院長プロフィールはこちら
  • TOP
  • 診療案内
  • 担当医スケジュール
  • アクセスマップ
  • クリニックの特徴
  • 患者様の声
  • 院長プロフィール
  • 失明リスク緑内障
    • メガネを作る時のコツ
    • 遠近両方フレームの選び方
    • 遠近両用は万能ではない
    • 意外と知らない中近両用レンズ
    • どんなメガネが合うの?
    • 近視予防メガネとは
  • サイトマップ
近視予防 近視予防
近視予防メガネとは

患者様の声はこちら >>

近視予防メガネとは?

母:「DS(ポータブルゲーム)ばかりやって
   いると近視になってしまうわよ。」

子:「でも、○○ちゃんもやっているけど
   ずっと1.2だよ!」

母:「・・・・・。」

 

いかにもありそうな会話ですね。

でも、確かに同じような生活をしていても近視になる子供と

そうでない子供がいるのは事実です。

いったいどうしてでしょうか。

△ページTOPへ

近視の2つの原因

〜遺伝〜

両親とも近視が強い場合、どんなに気をつけていても

子供も近視になりやすい傾向があります。

 

逆に、両親とも目が良い場合は、子供も近視になりにくい傾向があります。

しかし最近は、両親とも目が良くても、子供が近視になってしまう場合が

あります。

その原因として目を酷使する生活習慣が考えられます。

 

 

〜環境〜

アフリカの大草原に住んでいる人のなかには視力6.0の人もいるそうです。

しかし、都会に移り住むと視力が下がるそうです。

いわゆる先進国では近年、近視の人が増加傾向にあるそうです。

パソコン、スマホ、ゲーム、勉強など、近くを見ることが

目に負担をかけると考えられています。

 

では、負担をかけないためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

眼科の研究によると、負担をかけない環境は、

70cmより近い物は見ないことだそうです・・・。

そんなこと不可能ですよね。
それこそアフリカの大草原に移住するしかありません。

△ページTOPへ

目に良い環境を作り出す「近視予防メガネ」

近視予防メガネをかけると、パソコン、スマホ、ゲーム、勉強などをしても

70cm以上離れているのと同じ環境になります。

 

飛行機のパイロットの中には、近視予防メガネを愛用している人もいます。

しかし、全ての方に効果があるわけではありません。

 

遺伝の影響が強いほど効果が弱く

環境の影響が強いほど効果的です。

 

しかし、近視予防の効果は、使ってみなければ分かりません。

ご了承ください。

 

△ページTOPへ

患者様の声はこちら