ドライアイ・花粉症・アレルギー性結膜炎・白内障・飛蚊症・糖尿病・視力低下・目の疲れ・原因不明の肩こり・頭痛などでお困りの方

院長プロフィールはこちら
  • TOP
  • 診療案内
  • 担当医スケジュール
  • アクセスマップ
  • クリニックの特徴
  • 患者様の声
  • 院長プロフィール
  • 失明リスク緑内障
    • メガネを作る時のコツ
    • 遠近両方フレームの選び方
    • 遠近両用は万能ではない
    • 意外と知らない中近両用レンズ
    • どんなメガネが合うの?
    • 近視予防メガネとは
  • サイトマップ
近視予防 近視予防
買ってから後悔しない遠近両用フレームの選び方

患者様の声はこちら >>

「最近、近くが見づらくなってきたな〜。いよいよ遠近両用メガネかな...

 でも、どんなフレームでも作れるのかな?

 そういえば、大きいフレームの方がいいよ、って誰かが言ってたな。。」

といったようなことが頭に浮かんでくるかもしれません。

 

実際、遠近両用メガネはどんなフレームでも作れるわけではありません。

極端にフレームの上下幅の狭いフレームは遠近両用レンズは入りません。

これは、遠近両用レンズの構造を理解すると分かります。

 

遠近両用レンズの構造は?

遠近両用レンズの度数の分布は、下図のとおり、上部から下部にかけて

度数が変化します。

ws000056

つまり、フレームにある程度の上下の幅がないと、近方の度数まで入りません

 

しかし、最近はフレームのデザインも多様化して、上下幅の狭いフレームで

作りたいという人も多く、それに対応して、メーカーも上下幅の狭いフレーム

にも入るようなレイアウトの遠近両用レンズを用意しています。

極端に上下幅の狭いフレームでなければ、遠近両用メガネは作れます。

 

では、遠近両用レンズがはいれば、上下幅の狭いフレームでもいいのか、

というとそうでもありません。

△ページTOPへ

レンズレイアウトは大きく分けると2タイプ

遠近両用レンズは、レンズ上部の遠くを見る部分から、

下部の近くを見る部分まで徐々に度数が変化していますが、

この度数の変化している部分を累進帯(るいしんたい)といい、

この累進帯の長さを累進帯長(るいしんたいちょう)と呼びます。

ws000057

この累進帯長は長いものから短いものまでありますが、

この長さの違いによって、同じ度数でも見え方は異なります。

累進帯長の長いタイプ 累進帯長の短いタイプ
レンズレイアウト レンズレイアウト レンズレイアウト
ユレ・歪み 小さい 大きい
視野 広い 狭い
目の上下の回旋量 多い
目を上下に動かす筋肉を多く必要とします。
少ない
近方視がしやすくなります。

 

△ページTOPへ

加入度数による見え方の違い

もうひとつ、遠近両用の見え方に影響を及ぼす要素が加入度(かにゅうど)です。

これは遠方を見る度数と近方を見る度数の差のことをいいます。

度数の差

この加入度は、年齢を重ねていくと老視(調節力の衰え)が進むことによって

大きくなっていきます。そして、加入度が強くなるほど歪みが大きくなり、

視野が狭くなっていきます。

 

弱い加入度 中位の加入度 強い加入度 
レイアウト layout_03 layout_05 layout_07
年齢の目安 40歳〜45歳 45歳〜55歳 55歳〜60歳
ユレ・歪み
ユレ・歪みをあまり感じません。初めての場合、慣れやすい

少しユレ・歪みを感じます。初めての場合、慣れるまで少し時間がかかる。

ユレ・歪みを最も感じます。初めての場合、慣れるまで 相当練習が必要。
視野 広い
遠方部・中間部・近方部の視野が広い。

遠方部・中間部・近方部の視野がやや狭くなる。
狭い
遠方部・中間部・近方部の視野 が狭い。

 

加入度によって、このように見え方に違いがでてくるので、

初めて遠近両用を作る場合、早めの方(年齢が若いうちから)が良い

というのはこのような事情もあるからです。

 

もう一つは、若いほど順応力が高いため、慣れやすいということもあります。

また、遠近両用の場合、下目づかいで近くを見るため、眼の回旋力が必要

になりますが、これも若いうちの方が楽にできます。

ws000061

もし、年齢が高い方で、初めて遠近両用を作る場合は、

加入度数を弱めにして徐々に慣らしていくのが良いでしょう。

△ページTOPへ

まとめ

遠近両用メガネは、デザインに強いこだわりがなければ、上下幅の広い

フレームを選んだ方が、歪みも少なく、視野も広く見やすくなります。

特に加入度の強い人ほど、上下幅の広いフレームが良いでしょう。

 

 

△ページTOPへ

患者様の声はこちら